ネーミングに入っているにも関わらず、意外と繋がりにピンときてもらえないのが、レイクと新生銀行の関係性ではないでしょうか、、、。そもそも「新生銀行」が日本長期信用銀行がスタートであると言うこと自体あまり知られていないからかもしれませんね。

 

紆余曲折あったものの、「新生銀行」は銀行として経営を続け、「セブン銀行」と提携をしたことでセブン銀行のATMを使えるようになったりしています。そんな「新生銀行」がもともとはスタンドアローンでキャッシングを経営していた「レイク」と合併をし、「新生銀行カードローン レイク」として再出発している訳です。「レイク」単独で経営をしていた時よりも「新生銀行」の看板を掲げたことで、業績も知名度もアップしているのですから「消費者金融」としては、生き残りと言われてしまいますが、なによりも「成功」した合併の例ではないでしょうか。

 

今の消費者金融はアコムにしてもモビットにしても大手銀行の傘下に入っていますよね。それぞれの銀行にはカードローンがありますが、そのカードローンよりも若干金利は高いものの、別枠として「消費者金融」のキャッシングを提供し続けてくれているのは、ユーザーにとっては選択肢が増えるだけでなく、審査基準が若干緩いことからも利用しやすいキャッシングであることに間違いありませんよね。

 

金利の低さで選ぼうとしても審査基準が厳しい銀行のカードローンはなかなか手の届かない存在だったりしますから、銀行の傘下とは言え、「消費者金融」の看板を継続してサービスを提供している新生銀行とレイクには好感を持たずにはいられませんね。